リフォームローン

リフォームローンに関心があり、リフォームローンについてもっと学びたいと考えている人や、何をすればいいのか悩んでいる方にいちおしの知識を解説します。

ホーム

リフォームローンの金利と取引実績について

リフォームローン

大規模なリフォームをする場合、費用も高額になりますので、金融機関のローンを利用する人もいます。
住宅ローンの返済が残っている場合など、住宅にかける余分なお金もなかなか無いものです。
最初は満足だったとしても、年単位で暮らしていれば、リフォームをしたくなることもあります。
リフォームをする必要はあるけれど、手持ちの資産をリフォームに回す余裕がないという場合は、リフォームローンを使うという選択肢が存在します。
大抵は、リフォームは無担保で借りることになります。
金利や、貸付上限額を決める時には、申し込み者の返済能力を確認することが重要になります。
金利が高めになるのは、目的型ローンとはいっても、担保なしでまとまったお金を借りる以上は、やむをえないことです。
金融機関によっては、住宅ローンの返済を続けている顧客が、リフォームローンも借りたいという時は、金利が優遇されます。
リフォームローンの優遇金利が受けられる理由は、返済者の信用は現在の住宅ローンの返済によって確認が取れるからです。
今までに、住宅ローンの返済をきちんとできている人ならば、同じ金融機関からのリフォームローンにすると金利がお得になるでしょう。
金融会社サイドからすれば、一定の返済を済ませていることで信用実績を持っている相手になるために、信用能力があると判断できます。
リフォームによって住宅自体の価値が高くなれば、住宅ローンの担保価値が高くなることにつながりますので、金融機関から見ても悪い話ではありません。
万が一住宅ローンの支払いが不能になり、住宅を売り払わなければいけなくなった時でも、リフォーム済みの価値の高い家なら、銀行からしても望ましいことです。

リフォームのローンは比較することが重要

リフォームローン

しっかり考え方上で、どのローンにするかを決めることが、リフォームローンを使う時には欠かせません。
ずっと住み続けていると、やはり大規模な補修や、変更を施す必要が出てくることがあります。
同じ家で生活を続けていくために、リフォームをすることになります。
大改修を伴うようなリフォームをする時には、どうしても多額のお金を請求されることになってしまいます。
多額のリフォーム費用がかかる時に一括で支払うことは、なかなか難しくなるので、多くの場合はローンを組むことになります。
数社の金融機関から、リフォームローンを借りた場合の条件を調べて、それから比較検討をすることがポイントになります。
貸付上限金額や、金利の設定、各種の手数料など、リフォームローンの内容は会社ごとにまちまちです。
自分が考えているリフォームプランに合うローンを探すことが重要です。
最近は、銀行にわざわざ足を運ばなくても、リフォームローンの手続きが全て済んでしまうところもあります。
返済がスムーズにできそうな会社に申し込むことで、満足のいくリフォームローンが利用できます。
ローンの申込み時の審査などは金融機関によっても違いますので、ローンについて調べてから申し込むようにしましょう。
いくつかのリフォームローンの貸付条件をチェックすることで、大体の相場観や、どの会社がどんな特性があるかがわかるでしょう。

リフォームローンと担保の有無について

一口にリフォームといっても、一部分だけのこぢんまりとしたものから、一千万円近い金額になるような大リフォームもあります。
費用が高くなる現金による支払いではなく多くの場合、ローンを組んで支払っていくということになります。
リフォームをする時に利用するローンというと、住宅ローンとリフォームローンのふたつの種類のローンから選ぶことになります。
住宅ローンの場合は担保が必要になりますが、リフォームローンは担保タイプと無担保タイプのどちらかを選択することが可能です。
ローンを借りる時は、担保があったほうが、当然ながら金利は安くなりますし、完済までにかかる金額も低く抑えられます。
月々の負担額を少なくし、完済までに時間がかかるようなローンにしたいという時は、担保ありのローンにしたほうがいいでしょう。
家計に負担にならないように、月々の返済額をできるだけ減らしたいならば、担保があったほうがいいでしょう。
金利が低いローンは審査が厳しくなることや、申込み時の手続きが面倒で時間がかかってしまうというデメリットもあります。
無担保タイプのリフォームローンの場合は、審査に通りやすいという特徴があります。
手続きも簡単で短い日数で終わらせることができるため、時間的に余裕が無くて、お金がすぐに必要な場合には助かります。
審査に通りやすく、金利の高いリフォームローンでは、完済までの猶予期間が短めで、月々の返済がきつくなることがあります。
担保のあるリフォームローンは、担保のないリフォームローンとどう違うかを知った上で、選ぶべき金融商品を決めましょう。

リフォームローンとは

リフォームローンというのは文字通り家のリフォームをする時に必要な費用を借りるローンです。
リフォームをする時の費用はまとまったものとなりがちで、全額を一括で支払うのは大変です。
このローンは、抗したときに利用します。
住宅は建築後にどうしても老朽化していきます。
ふつう、10年に1回程度の割合で修理やリフォームが必要となるとされています。
リフォーム対象となる場所も家によって千差万別ですが、屋根のふき替え、外壁の塗り替え、お風呂の改修、トイレの交換などが多く見られるそうです。
リフォーム箇所がさまざまならかかる金額にも幅があり、中には100万円を超えるような高額工事が必要となる場合もあります。
少額の場合はともかくとして、高額のリフォームに対応するにはやはりローンを利用したいという人が多いようです。
リフォームは家の老朽化によるものだけではなく、自分たちの生活の変化に伴ってする場合もあります。
子供が生まれて家族の数が増えたり、年齢構成が変わって従来の間取りが使いにくくなったりするなどといったことが考えられます。
最近多く見られるリフォーム工事としては、年齢を重ねた居住者が、トイレなどの住宅内部をバリアフリー化するようなものがあります。
部屋の間取りを変えたり、複数箇所をリフォームしたりすれば、数百万単位の支払いが発生します。
家を建てる時ほどの費用は発生しないため、リフォームローンによる融資額は住宅ローンよりは安いのが普通です。
リフォームはしたいが一括で代金を支払いたくないような場合など、リフォームローンを利用するといいでしょう。

リフォームローンの利点について

リフォームローンには、いろいろな利点があります。
金融会社によって多少異なる部分はありますが、リフォームローンによる融資金額はだいたい500万円前後までです。
担保についてみれば、すでに所有している自宅をリフォームする場合ならばその自宅を担保とするだけですみます。
担保がよけいにかかることに加えて、住宅ローンの場合には保証人をつけるように言われることが殆どです。
保証人を探すのはかなり大変な思いをするのが普通なので、その点から見ても、保証人をつける必要がないリフォームローンの借りやすさは際立っていると言えるでしょう。
また、リフォームローンは貸し出しに際しての審査の期間が住宅ローンに比べると短いという点でも優れています。
住宅ローンの場合は借り入れ金額が大きいので、ローンの審査にも時間がかかります。
返事が来るまで長い間かかったあげく、審査が通らずローンを利用できないようなこともあるといいます。
一方でリフォームローンは審査が短く、申し込みやすい理由となっています。
すでに家屋を持っている人にお金を貸すわけですから、金融機関側から見て借り手の信用度が高いためです。
リフォームローンを組んで住宅のリフォームにかかる場合、当然のことながらすでに住宅は存在しています。
このため、ローンを借りて資金的な目処さえ付けば、すぐに工事をしてもらえるという点もよい点です。
借りるまでがたいへんな住宅ローンに比べて、リフォームローンは利用しやすくなっているのです。

リフォームローンの金利

リフォームローンも他のローンと同じように金利があり、ローンに付随して支払わなくてなりません。
リフォームローンの金利はさまざまに設定されています。
融資を受ける会社によっても変わりますし、固定型か変動型かによっても変わります。
その他のローンと同じように、リフォームローンの金利についても、銀行系の方が非銀行系よりも安い金利をつけています。
とはいえ、お金を借りてくれる人の減っている最近では、非銀行系金融会社であっても低い金利のリフォームローンを取り扱うことが増えているようです。
リフォームローンを組む際には、一社だけを見ていてはいけません。
金利などを比較していくつかの候補をたてるべきです。
また、申し込むローンが固定金利型なのか変動金利型なのかも重要な視点です。
固定型は金利がずっと変わらないので、最終的にトータルでいくら払わなくてはいけないかという計算ができます。
このため、返済の計画がしやすい点で優れています。
変動金利型のリフォームローンであれば、金利は最初に設定したものから、市中金利の上げ下げに従って変化することになります。
金利の上昇で返済額は増え、下落で減るわけです。
変動金利型にした上で金利が下がった場合、最終の返済額は当初より少なくなる可能性があります。
しかしそうならない可能性もあり、返済計画が立てにくいのです。
このように、一口に金利と言っても大きく影響してくるので、リフォームローンを組む際には慎重に検討して下さい。

サイトメニュー

ページトップへ

Copyright (c) 2018 住宅ローンの審査基準やリフォームローンって? All rights reserved.