減税 住宅ローン

減税・住宅ローンに興味があり、減税・住宅ローンを詳しく知りたいと思っている方や、何をすればいいのか困っている人にいちおしの知識をお届けします。

ホーム

住宅ローン減税とは

減税 住宅ローン

多くの人は、住宅ローン減税という言葉を、家を新しく買う時に知ることになります。
住宅ローン減税とはいったいどのようなものなのでしょうか。
住宅ローン減税とは住宅ローンを利用して家を購入した人が、住宅ローンの年末残高に応じて所得税の控除が受けられるという制度です。
この制度はマイホームを購入してから10年間は続きますので、結構な額の税金を取り戻すことができます。
住宅ローン減税を受けるにはいくつか条件が決まっています。
6カ月以内に引き渡し後の家に入ること、50平方メートル以上の登記面積を持っていることなど、控除には条件があります。
床面積の50%以上が購入者本人の住居として使うこと、住宅ローン減税を受ける年の所得が3000万円をオーバーしていないことも条件に含みます。
民間の金融機関や住宅金融支援機構などの住宅ローンなどを利用していること、住宅ローンの返済期間が10年以上で分割して返済していることなどもあります住宅を購入して住宅ローンを組むと、毎月の返済で家計に大きな負担になります。
住宅ローンの返済は短い人でも10年から15年、長い人だと35年は返済が続きます。
住宅ローン減税があることで負担を少しでも軽減することができます。
住宅ローン減税の目的は購入者の負担を軽くするだけではなく、日本全体の経済の活性化につながるものです。
住宅ローン減税があるうちに、ローンを組んでの住居購入を検討してみてはどうでしょう。

住宅ローン減税を活用する

減税 住宅ローン

住宅ローン減税は、住宅ローンを組む時にローン返済の負担を軽減するためのもので、家を購入する時の強い味方になります。
住宅ローン減税を利用する場合には、申告制なので自分から申請をしない限り減税を受けることはできません。
住宅ローン減税を受けるにはいろいろと条件があります。
該当する場合には住居に住み始めた次の年の3月15日までに必要書類をそろえ、確定申告をする必要があります。
住宅ローン減税の申告には前もって申請しておかなければならない書類がいくつかあります。
家を購入したことを証明するために、売買契約書の写しと登記唐本が必要です。
この他に、ローン残高がわかる書類を用意しましょう。
直前になってからあわてて準備をすることがないよう、書類の準備は早くからやっておくといいでしょう。
住宅ローン減税の控除額は年間で最大50万円だといいます。
やり方次第では住宅ローン減税の控除額をアップさせることもできるかもしれません。
確定申告書から所得税額が分かります。
住宅ローン減税では収入のある人がその世帯の中で1人より多い場合には計算が異なってきます。
夫婦ともが住宅ローン減税の対象になる場合には連帯保証の関係であってはならないので要注意です。
前提となる条件を満たしていない人は住宅ローン減税の申請を受け付けてもらえません。
購入段階で計画を立てておくことが大事です。

住宅ローン減税の注意点

住宅ローン融資を支援するために、決まった条件を満たした人は減税制度の活用ができます。
住宅ローンの負担を少しでも軽くするために住宅ローン減税の制度はぜひ活用したいものです。
何か注意することはあるのでしょうか。
住宅ローン減税を受ける場合の条件に登記面積が50u以上かつ2分の1以上が居住用であることというものがあります。
マンションの購入を検討している場合にはとくに注意が必要です。
壁の中心から広さを測る方法と、壁の内側から広さを測る方法とがあり、どちらの方法かで数字が違います。
広告では、壁の中心から広さを測るものが大半です。
住宅ローン減税では、内法面積が幾つかが重視されますので、壁芯面積がぎりぎり50u以下では、住宅ローン減税が利用できないかもしれません。
面積の条件はあくまでも購入する建物全体の面積を指しています。
専有部分の登記面積が条件を満たしていても、夫婦共有名義で購入した場合面積は半分ずつになります。
場合によっては住宅ローン減税の条件を満たさなくなってしまうこともあるので気を付けましょう。
土地と建物を別で購入した場合も注意が必要です。
住宅ローン減税の対象になるためには、土地を買ってから家を建てるまでの期間が2年以上のひらきがないことや、住宅ローンを組む時に土地や建物を抵当権に入れなければいけません。

住宅ローンのシュミレーション

シュミレーションをして、返済プランを固めてから、住宅ローンを利用することがとても大事です。
住宅ローンのシュミレーションとは、どういったものでしょう。
住宅ローンの金利や金額、返済期間などを変えながら、いくつかシュミレーションをします。
返済プランの比較、いくつかのローンを組み合わせた場合の試算ができます。
手数料なども含めて、全額返済する時の返済方法をシュミレーションできるものもあります。
1カ月の返済金額はいくらで、幾らまでの借入が可能でといった細々とした条件も含めてシュミレーションができます。
住宅ローンは大口の借入になりますし、手数料など様々な費用も予想外にかかりびっくりするということがあるといいます。
シュミレーションから着手することが、住宅ローンを組む時には重要になるでしょう。
毎月の返済金額をいくらに設定して、借入金額をどのくらいにするかを知るためには、シュミレーションは必須のものです。
一般的に銀行や金融会社などでは、住宅ローンの返済額は年収の25〜35%を上限にしているところが多いといわれます。
年収の35%より多い返済負担になると、家計への圧迫割合が余りにも大きくなりすぎて、返済が安定しないことがあるためです。
住宅ローンのシュミレーションを行う場合には、年収に比して返済をどのくらいにするかを考えるといいでしょう。

住宅ローンと必要なシュミレーション

住宅ローンのシュミレーションには幾つかのやり方があります。
それぞれ違う点から、ローンの吟味ができるようです。
どういったアプローチでシュミレーションをする方法があるでしょうか。
定番のシュミレーションは、ローンの借入金額を検討するために行うというものです。
どの程度の借入ができるか、家庭の収入と合わせて検討することが、シュミレーションでは重要です。
借り入れ総額の次は、住宅ローンの月々の返済額のシュミレーションと、返済プランの比較などが必要になってきます。
シュミレーションをすることで、毎月の返済負担と家計の余裕を確認することが、長期的に返済していくためには重要になります。
住宅ローン金利は金融商品ごとに異なっていますので、それぞれの住宅ローンごとにシュミレーションをしてみる必要があります。
月々の返済金額や、完済までの期間をチェックすることによって、自分たちが使いやすいものがどれかを判断します。
繰上げ返済は、住宅ローンを使う時にはチェックしておきたい返済方法です。
長いときには二十年も三十年もかけて住宅ローンは返済をするものですが、返済できる時にまとめ返済をすると、返済の負担を軽減することが可能です。
子供の教育資金や、車の購入などで資金的な余裕のない時以外は、多めに返済するようにシュミレーションを決めてみるといいでしょう。
ですが、繰上げ返済の有無によって返済額が変わってくるので、年収だけでなく支出の予測も綿密に立てて、できる限り家計に負担の掛からない返済計画を立ててみましょう。
繰上げ返済をしないことで月々の返済に無理をかけないという考え方もありますので、自分に合ったプランを立ててください。
余裕のあるうちに、前倒しにして返済を済ませてしまいたいと考える人は少なくありません。
住宅ローンを繰上げ返済することについてシュミレーションをしてみましょう。

住宅ローンシュミレーションと諸費用

住宅ローンのシュミレーションでは、返済プランだけでなく、諸経費も含めて試算ができるものもあります。
多くの場合、住宅ローンのシュミレーションといえば返済の金額が重視され、諸経費や手数料を加算することを想定しないという人もいるようです。
住宅ローンのシュミレーションをする時には、金利や返済条件だけでなく、住宅費用に加算される手数料についても考えるといいでしょう。
諸費用といっても、住宅ローンで借りる元々の金額が大きいので、諸費用もあわせると結構大きな金額になるので、注意が必要です。
住宅ローンを利用するときは、想定外のことが起きないようにシュミレーションをしておきましょう。
住宅購入の時には、やってみなければ思い当たらないようなところにお金がかかるものです。
所得税、登記手数料、融資手数料、住宅ローン保証料は住宅購入に伴い発生する経費です。
この他にも、一つ一つの料金はちょっとしたものかもしれませんが、引っ越し費用、火災保険、解体工事費、水道加入金などがあります。
住宅ローンを組むと保険のことも考えなければいけないというのは、未経験の人には思いつかないものでしょう。
住宅ローンの完済前に、やむをえない事情で返済ができなくなってしまった時を想定して、保険に入っておくというものがあります。
住宅ローンを組む時に、頭金をいくらか用意する人がほとんどだと思います。
土地や住宅の費用以外にも諸費用が必要になってくるでしょう。
ローンを組む時にかかる費用と、毎月返済しなければいけない費用をシミュレーションではっきりさせておくことで、不測の出費が発生するような事態を避けることができ、スムーズに住宅ローンが利用できます。
住宅ローンはどうしても高額な買い物になってしまいますので、あらかじめシミュレーションをきちんとして、金額を把握しておくようにすることです。

サイトメニュー

ページトップへ

Copyright (c) 2018 住宅ローンの審査基準やリフォームローンって? All rights reserved.