返済 住宅ローン

返済・住宅ローンの解説ウェブサイトです。返済・住宅ローンをよく知らなくても、このHPを活用すれば詳しくなることが出来ます。

ホーム

住宅ローンの返済について

返済 住宅ローン

住宅ローンの返済は賢く行わなければ損をすることがあります。
家を購入するときにたいていの人はローンを組むことになります。
自分にとって正しい住宅ローンをしっかりと選んで返済していくことが大切です。
自分の性格的な傾向や、生活スタイルなどを考えてから、借り入れる住宅ローンを選ぶようにしましょう。
低金利を利用して、若いうちにたくさん返済しておきたいという人もいるのではないでしょうか。
住宅ローンの利息を低く抑えたいような場合には、変動金利型の住宅ローンがお勧めです。
将来、金利は上がることは十分に予測されますが、中国などの新興国のように急激に金利が上がることは、まず無いでしょう。
変動金利を極端に恐れる必要はありません。
住宅ローンの頭金は2割というのも、バブルの頃の常識です。
金利の水準が半分になっている今は、ローンの借入金額が増えても金利が少ないので、毎月の返済額は少なくて済みます逆に、新築資金を貯めている間に金利が上がってしまい、お金を借りにくくなってしまう事態が発生するかもしれません。
今から住宅ローンの頭金を貯めるという人は、ローンを組んで返済した方が得をする場合があるでしょう。
現在はとにかく金利が安いので、マイホームを持ちたいという場合にはローンを早く組み、そして早く返済するという考え方をした方がいいと思われます。
もし今買わず10年後に買うと10年間の家賃が加算され、ローン返済が終わる年齢も10年先送りとなってしまいますので、早めに住宅の購入を検討したほうが良いでしょう。

固定金利の住宅ローンを返済する

返済 住宅ローン

固定金利の住宅ローンを返済することについてです。
家を購入するときに住宅ローンを組む人がほとんどですが、ローンを組むときに固定金利を選択する人もいるでしょう。
金利動向を気にしながらローンを返済したくない場合、固定金利型のローンを組むようにすればいいでしょう。
確かに今は低金利が続いていますが、景気が上向きになると金利が上がる可能性もあります。
金利が上がるのと同時に自分の収入も上がるようならさほど問題は無いのかもしれませんが、そうはならないかもしれません。
月々の返済が大変になると思う方も多いことでしょう。
固定金利の場合は、金利が高くなる傾向がありますが、月々の支払いを軽減するためにボーナス払いを組み込む方法もあります。
住宅ローンの返済で、ボーナス払いの配分を多くしていると、ボーナスが少なかった時に返済ができなくなってしまう可能性も考慮する必要があります。
ボーナスは繰り上げ返済などに充てることを考えたほうが無難だといえます。
定期的に見直すのが面倒と感じる人であったり、返済額が多額になる場合、あるいは子供の教育費が必要な家庭などの場合、固定金利型でローンを返済するのが向いています。
返済期間が30年とか35年など、借り入れ年数が長い人にもおすすめです。
経済情勢や金利の上がり下がりでいろいろ考え直しをしたいと思わない人ならば、固定金利型のローンを組むことを検討すべきかもしれません。
今はまだわからなくても、今後金利が上昇して支払いが困難になる心配のある人は、長期固定金利を選び安全にローン返済をすることを選択しましょう。

住宅ローンが返済不能になったら

住宅ローンを組んで返済しながら家を購入する人が多いようです。
返済の途中で住宅ローンの支払いができなくなってしまう人が増えているようです。
急にリストラにあったり、はじめからローンを組むときに無理をして組んでいたりといったことがあるようです。
収入減の要因としては、病気にかかったり災害に遭うなど、他にも色々あります。
借入金額が多すぎて、突発的な出費のときに支払いができなくなってしまうこともあります。
また、金利が上がってしまったために、変動金利型のローンの返済額が増えてしまい、払いきれなくなることもあります。
人生は何が起こるか誰にも分からないものです。
万が一、住宅ローンが返済できなくなってしまった場合の対処法も知っておいた方が良いといえます。
今後の住宅ローンの支払いに不安を感じたら、その時点で借入先に相談に行くことが大切です。
何とかなるとローン返済を後回しにしていると、遅延金が発生するばかりではなく、マイホームを手放さなくてはならない事態になってしまいますので注意しましょう。
住宅ローンを貸し付けている銀行などでは、借り換えなどの相談にも乗ってくれます。
早めに相談して対策を練りましょう。
30年の借り入れで5年後に借り変えをした場合、通常は25年以内の返済期間になりますが、中には返済期間を延長して借り換えができる銀行もあります。
毎月の返済の金額は減り、家計の負担も減るかもしれませんが、返済期間が延びた分利息が増えていることには注意すべきです。
住宅ローンを組むときは途中で何かあっても返済ができるようにあらかじめ様々なリスクを想定して、最適な住宅ローンを選択することが重要です。

住宅ローン選びで重要なのは

大抵の人は、家を買う時には住宅ローンを組んで、金融機関からの融資を受けています。
家は人生の中でも特に大きな買い物になりますので、ほとんどの人が住宅ローンの融資を受けています。
住宅ローンを探す時のポイントは、金利をどうするかという点です。
低金利であればあるほど、返済時に上乗せされる利息は少なくなりますので、住宅ローンを探す上で金利のチェックは大事です。
住宅の購入資金は金額が多く返済期間の長くなるので、金利の数値が少しの差であっても支払い総額は、大きな金額の開きが生じてきます。
住宅ローンの金利は2種類あり、変動金利型と、固定金利型とがあります。
それぞれ一長一短となっています。
変則タイプとして、返済スタート時は固定金利だけれど、返済が進むにつれて変動金利に変わるという住宅ローンもありますので、個々の特性を知っておきましょう。
住宅ローン選びの時には、金利をどうするかはとても重要な部分ですので、ケース毎の問題点や、利点について把握しておきましょう。
低金利の住宅ローンのほうが、同じ返済額を払った場合でも、家に対してより高いお金を出して購入することができたと考えることができるでしょう。
一般的には、固定金利より、変動金利の住宅ローンのほうが、より低金利で融資を受けることができますが、金利の見直しで変動する可能性が残ります。
全期間固定型の金利の場合は、金利は変動型よりも高くなっていますが、いったん借り入れてしまえば金利があがることはまずありません。
住宅ローンを検討する時には、金利の数字だけでなく、固定金利にするか、変動金利にするかも重要です。

ライフスタイルにあった住宅ローン選びを

まとまった金額を、長期にわたって借り入れる住宅ローンは、納得のいく借入先を選ぶことが大事です。
住宅ローンの場合は、金利計算のやり方も種類がありますので、金利の数字以外の部分でも比較して、よりよいところを探すことが必要になります。
金利変動型の住宅ローンはどんな人に向いているのでしょうか。
仮に金利が変動して、月々の返済金額が多くなっても、収入が増える見込みのある人や、支出が減る見込みがある人なら、返済は続ることが可能でしょう。
ただ、予想外の臨時の支出なども計算に入れておくことも大切です。
常に、思いがけない出費がある時のためにお金をためているけれど、貯金としては余裕があるという場合は、変動金利型の住宅ローンにしても問題はないでしょう。
金利の中には、変動金利と、固定金利を一定の割合で個別に計算するというやり方もあります。
条件別にシミュレーションをしてもらい、完済までのプランを確認した上で、いい条件を探してみてください。
固定期間選択型の住宅ローンでは、金利が固定される期間を2年5年10年20年など選ぶことができます。
一定期間、固定金利で返済を行うというスタイルは、最初の数年間は返済金額の見通しがつくけれど、その後は金利がどのように変動しうるのかがわからないというデメリットが存在します。
少なくとも、固定期間が終了した後の家計を見通して、住宅ローンを選ぶ必要があります。
住宅ローンを選ぶ時には、返済まで長い時間がかかることを考慮に入れて、将来的にどういう問題が起きる可能性があるかや、必要な備えについても考えなければいけません。

住宅ローンの返済方法の選び方

元利均等方式と、元金均等方式という2種類の返済スタイルが住宅ローンにはありますが、このことを知らないという人は意外とたくさんいます。
新しく家を買うという時には、まず住宅メーカーを選んだり、間取りを考えたり、家具や電化製品を購入することを、住宅ローンより優先しがちになります。
そうでなくても、元金均等返済とか、元利均等返済とか、聞いているだけでも頭がこんがらがってしまいます。
返済の時点になって困ったことにならないように、住宅ローンを選択する時にはよく調べることが重要です。
住宅ローンでは月毎に決まった金額を返済していくことになりますが、合計額は毎月同じになるように、元金と利息を決めるのが元利均等です。
毎月返済する金額は、金利が据え置かれている限りは、毎月同じ金額を返していくことになります。
1カ月ごとに支払う金額自体は変わらず、見た目上ではとてもわかりやすいですが、実際には、元金と、金利に相当する部分とは、後半になるに従って元金が増えていきます。
返済スタート時は利息が多いですが、元金が減っていくにつれて、利息に充当される部分が少なくなるという仕組みです。
一方、元金均等方式では、元金の返済は一定で、利息は別に上乗せされているものです。
元金がどのくらい残っているかで利息も変動しますので、元金の返済が進み、残高が少なくなれば、利息も結果的に少なくはなっていきます。
返済をやり始めたころは元金も大きいので利息も大きいですが、返済が進み、元金残高が減っていくと、利息の金額自体が少なくなります。
元金返済方式で返済をすることで、返済が始まったばかりは月々の返済金額も大きいですが、返済が進めば進むほど、毎月の負担額が減るという強みがあります。

サイトメニュー

ページトップへ

Copyright (c) 2018 住宅ローンの審査基準やリフォームローンって? All rights reserved.