控除 住宅ローン

控除・住宅ローンのことを詳しく知っていますか?このHPでは控除・住宅ローンのことを沢山紹介しているので、貴方の未知の情報が在るかもしれません。

ホーム

住宅ローン控除という制度について

控除 住宅ローン

マイホームを建てる時にはほとんどの人が住宅ローンを利用すると思いますが、ローン控除の制度を理解しておく必要があります。
住宅ローンを組んだ時に利用できる控除の制度は、お金に関ることであり、知っていると知らないとでは大きな差が生じることになります。
住宅ローンを利用して新しく住宅を購入した時に、支払いの負担を軽くするための制度が、住宅ローン控除の目的だといいます。
その年の末の段階で住宅ローンの残高と、家の取得対価を比較し、少なくなった方の金額の1%を、所得税から10年間引いてくれるという仕組みです。
その時に計算した金額が、所得税より多かった場合、引き切れない金額は住民税からも差し引けます。
税金負担を軽減できるという点でとても優れています。
しかし、この対象となる年末ローン残高等には上限が設けられていて、入居した年の税制が適用とされる事となっています。
どのタイミングで家を買ったかによって、控除される最大の金額は異なってくるので、この点は確認しておくようにしましょう。
たとえば、平成26年3月までの場合には控除額が最大200万円となっていたのが、それ以降の場合には最大400万円と変更になっています。
消費税率が変わった時に、住宅ローン控除の仕組みも見直されるようになりましたので、数字が全く変わるわけです。
もしも住宅ローン控除を利用したいなら、確定申告の手続きを自分でしなければいけませんので、内容を知っておくことが大事です。
自分で確定申告の手続きを行うのは大変だという人もいますが、所得税だけでなく住民税も安くなるかもしれないというのは魅力的です。
住宅ローン控除は、最長で10年もの間、所得税や住民税を節税する事が出来るので、しっかり勉強して活用することをおすすめします。

住宅ローン控除の対象金額と還付金の計算方法

控除 住宅ローン

これから住宅ローンを組もうとしている人にとっては、住宅ローン控除の金額がどのくらいなのかは、興味がある事柄ではないでしょうか。
住宅ローン控除の制度や還付される金額について、詳しく知っている人はあまりいないことでしょう。
不動産を購入した時や、リフォームなどの目的で住宅ローンの融資を受けた時は、控除の対象になる可能性があります。
所得税から差し引かれる住宅ローン控除の額は、ローンを組んだ年からずっと、10年〜15年は続くという形です。
また、還付金が存在すれば、税務署に必要書類を提出して申告することで、後日還付を受けることができます。
一度は納めた金額の、差分を計算するものが差分金です。
そのため、気づかないでいると、税金は取られっぱなしになります。
住宅ローンの融資を受けた年の末に、返済残高どがどのくらい残っているかを確認して、住宅ローンの控除額を決定します。
割合については、住宅に居住し始めた時期と、居住開始からの経過年数に応じて0.5〜1.0%の幅で計算されます。
ただし、控除の金額には上限が決まっていますので、年末のローン残高がどれだけ高くても、金額か増えすぎることはありません。
控除額として計算した金額がそのまま適用されるのではなく、上限額と比較して、少ないほうの金額が使われるわけです。
この減税措置による還付金は、源泉徴収された税額が控除可能な限度額を上回っていれば、その限度額が還付金となります。
住宅ローンの控除金額と、その年の源泉徴収での税額の比較によっては、一定の税額が還付される場合がありますので、忘れないようにしましょう。

住宅ローンにおける税金の控除について

住宅ローン控除は、住宅ローン融資を受ける時に知っておいたほうがいいことですが、意外と理解していない人が大勢いるようです。
税金控除の仕組みである住宅ローン控除は、住宅ローンを使う時には知っておくべき事柄の一つです。
企業に勤めていると、年末調整は企業が行っているため、税の控除など確定申告が関係することは基本的にしません。
企業に勤めている人にとっては、いつも会社任せにしていた分を、確定申告によって修正しなければいけないのが面倒に感じます。
住宅ローンを利用した人のうち、条件OKが出ている人なら、住宅ローンの残高に応じて、税金からの控除額が決定します。
住宅ローン控除を利用するためには、ただ建物を建てればいいというわけではなく、自分が住むためのものであり、10年以上のローンでなければいけません。
住宅ローンの借入金額によっても控除額は左右されますので、人によって条件は違います。
大ざっぱにいえば、その家で暮らし始めた年末の、返済残高の1%程度が、該当する金額です。
ただし、税務署が毎年行う確定申告の時期に、住宅ローン控除についての申告をしなければ、税金の控除をしてもらうことはできません。
住宅ローンの残高がどのくらい残っているかの証明書や、買った家の登記事項証明書、不動産契約書を写したものなどを、確定申告では届け出ることになります。
勤めている企業が、今までは手続きをしていたので、税務署に行って確定申告をしたことがないという人もいるようです。
住宅ローン控除のために、確定申告をしたいという時には、必要な書類だけを揃えて税務署に相談しにいくのもいい方法です。

住宅ローン控除について

住宅ローン控除についてです。
住宅ローンの返済期間は長めになるのが一般的です。
金額が大きくなるのがその要因ですが、短い場合で10年から15年、長い場合では20年から30年というような期間になります。
住宅ローンを組んだ場合、住宅ローン控除というものを利用することができるようになります。
少しとはいえお金が戻ってきますので、是非利用しましょう。
では、住宅ローン控除について、具体的に見ていきましょう。
たいへん役に立つ制度なので、お金を借りる前に調べておいて下さい。
住宅ローン控除は、いくつかの条件を満たした上でマイホームを購入した場合に利用することができる制度です。
住宅を購入したり、新築、増改築をした場合、所得税控除を受けることができる制度で、入居した年から10年間利用できます。
住宅ローンというのは、2,000万円、3,000万円と家計の負担も大きいようです。
こうした支払い負担を軽くするため、住宅ローン控除の制度が整備されています。
住宅ローン控除は所得税に関わる制度であり住宅借入金等特別控除といいますが、住宅ローン減税制度などと呼ばれることもあります。
住宅ローン控除であったり住宅ローン減税という言葉だけは聞いたことがあっても、具体的な内容についてはよく分からないものです。
これから住宅ローンを借りようと考えているのであれば、こうしたローンによる控除制度もおさえておきましょう。
住宅ローン控除制度には満たさなくてはならない条件が決められていますので、どういった条件であるのかや控除されるであろう金額などを前もって理解しておく必要があるでしょう。

住宅ローン控除の金額

住宅ローン控除を受けたいと言う人も多いと思います。
控除される金額がいくらになるのかについては、住居を取得して入居をした年によってそれぞれ異なってきます。
平成24年入居の場合であれば、その住宅が長期優良住宅であった場合は、一年間のローン控除額は30〜40万円となります。
上限の金額も異なっており、控除を受けることのできる金額は10年間で300万円から400万円です。
平成25年入居の場合であれば、同じく長期優良住宅であった場合であっても、一年間のローン控除額は20〜30万円となります。
上限の金額も変わり、控除を受けることのできる金額は10年間で200万円から300万円です。
住宅ローン控除の期間は、ローン期間とは関係なく、一律に入居した年から10年間と決まっています。
長期優良住宅のほかにも、ローンの控除がなされる住宅があります。
低炭素住宅にも特別優遇措置が存在しています。
低酸素住宅とは、家を建てる時であったり、住んでいる間、家を壊すときなどに、二酸化炭素排出量が少なくなるよう作られたものを指します。
東日本大震災以降、電力の供給不足が問題となっていますが、低炭素住宅はこの不足を補うという観点から普及が促進されているものです。
この低炭素住宅については、まだあまり知られていないようです。
こうした低炭素住宅のようなものは社会全体の省エネにも役立つ環境負荷の少ないものですので、住宅ローン控除の対象とすることで普及が促進されているのです。

住宅ローン控除の条件について

住宅ローンの控除を受けるには、いくつかの条件を満たしていないと受けることができません。
住宅ローンを組んでしまう前に、どういったローンが適用範囲内となるのかを調べておきましょう。
一戸建てやマンションなどの住宅を取得した家計には負担が生じますが、住宅ローン控除はこの負担を軽減することを目的としています。
租税の平等の観点から、条件がいろいろと設定されています。
1つ目の条件として、その家計の年間所得を見たときに、所得が3,000万円以下であることが上げられます。
年間収入が3,000万円を越える高い収入を持つ場合、ローンの控除は受けられません。
2つ目の条件として、取得した住居には6ヶ月以内に入居することがあります。
3つ目の条件として、その住宅にきちんと住んでいるかどうかが問題になります。
具体的には、購入年の末日まで入居しているかどうかが問われます。
住宅ローン控除の条件には、住宅ローンの返済期間が最低でも10年以上でなければなりません。
返済期間が10年に満たない短いローンを借りているような場合には、住宅ローン控除の条件から外れてしまいます。
複数の相手から借金をしているかどうかは、控除の条件としては問題ありません。
ただし、無利子の借金であったり、年間の利率が1%に届かないような場合には、住宅ローン控除の条件からはずれます。
この場合ローン控除を受けることはできません。
その他、低炭素住宅や長期優良住宅であることなど、家そのものにも条件があり、控除が受けられるかが決まります。
住宅ローン控除を受けるための条件にはさまざまなものがありますので、ローンを借りてしまう前に控除の条件をきっちりおさえておきましょう。

サイトメニュー

ページトップへ

Copyright (c) 2018 住宅ローンの審査基準やリフォームローンって? All rights reserved.