金利 住宅ローン

当サイトは金利・住宅ローンの知識が沢山あります。金利・住宅ローンについて興味のある人へ、嬉しい知識を解説します。

ホーム

住宅ローンの変動金利の仕組み

金利 住宅ローン

住宅ローンを利用する時には、固定金利と変動金利のどちらがいいか判断がつかない人もいます。
変動金利型は金利が変動するのでリスクがあるというイメージがあるようですが、住宅ローンの変動金利とはどのようなものなのでしょうか。
多くの金融会社では、変動金利制を採用すると、半年に一回、金利が変わっていきます。
金利が変わると、その都度返済金額が変わると考える人もいます。
ですが、基本的には、5年間は金利が据え置かれるという方法が、住宅ローンの返済の形です。
金利については半年に一回ずつ、五年がたてば10回変動しているはずですが、その間は月々の返済金額は全く変わらないというのが、変動金利制のスタイルです。
どうして、こういった構造になったのでしょう。
日本の金融機関が変動金利型の住宅ローンを販売し始めるときに半年ごとに返済額が変わるのは返済する人も戸惑うだろうという理由で5年に一度の返済額の見直しに決めたのです。
月々の返済金額を5年変えずに、帳簿をやりくりするには、返してもらった金額のうちいくらを元金扱いにするかです。
金利が高くなっても、5年間は返済金額が一定です。
そこで、返済金額の中からより多くの利息を徴収していくという形をとります。
大抵の場合、住宅ローンの返済は最初は利息の返済率が高くでも、だんだん元金の返済に近づくといいます。
このバランスが崩れます。
もしも住宅ローンの変動金利で融資を受けるなら、大まかな仕組みを知っておくことです。

住宅ローンは変動金利が有利なのか

金利 住宅ローン

住宅ローンを利用する時に、変動金利を選ぶという人が多くなっています。
適用金利が低いので返済額が抑えられる、またたくさん借り入れすることができます。
不動産を扱う会社も、顧客には変動金利を組んでもらいたいと考えることが多いといいます。
不動産関係の広告では、大抵変動金利を利用して住宅ローンのシミュレーションをしています。
この方が安く見せることができるためです。
念願の新居を買うには、変動金利の住宅ローンにしたほうがお得だというイメージを抱きがちですが、変動金利は固定金利より返しやすいものなのでしようか。
変動金利制の金利変動は、半年に一回です。
また、金利が大きく上昇した時に、返済不能に陥らないようにするセーフティがあります。
それが、変動金利制の1.25倍ルールと、5年ルールというものです。
5年ルールというのは適用金利の見直しは半年ごとでたとえ金利が上昇しても5年間は返済額を変えないというものです。
金利の上げ幅の上限が決まっているものが1.25倍ルールです。
1.25倍以上に金利を引き上げてはいけないという決まりとなります。
ですが、金利が上昇していれば、返済をいくら行っても完済までにかかる期間が延びます。
あまりにも金利が高くなりすぎると、未払い利息が出るほどの事態になってしまうといいます。
もしも、住宅ローンの最終返済日になっても利息が返済できていなかった場合、利息の全額を支払わなければいけなくなってしまうといいます。

住宅ローンを変動金利で組むリスク

不動産会社の勧めに従って、住宅ローンを変動金利で借り入れるという人が多いと言われています。
現時点での返済額が低く抑えられるので住宅ローンを組むというハードルがかなり低くなるからです。
どのような点に配慮して、変動金利で住宅ローンを組むといいでしょう。
現在はとても金利が低いので、変動金利で住宅ローンを組み、今後金利が上昇しそうな時には固定金利にすればいいと思っている人もいますが、現実的な案ではありません。
短期プライムレートという日銀の精算金利に基づく金利が、変動金利や、短期固定金利の場合に使われている金利です。
短期プライムレートは日銀の政策に基づいているため、日銀の動向次第で金利の上下が推測でます。
これに対して、長期固定金利では、短期金利のように決めている人はいません。
さまざまな要因によって金融市場において決まるものであり、長期金利は短期金利よりも先に上昇する傾向があります。
長期金利がまず上がり、次いで変動金利が上がるため、変動金利が上がってから行動をすると手遅れということがあります。
もしも、住宅ローンを変動金利で借りるならば、金利を読む能力がいります。
家計に余裕があり、金利が万一上がっても対応できるという方はいいですが、将来的にお金が必要になる機会が多くなる家の場合は要注意です。
金利が低いタイミングで、住宅ローンを変動金利で借りることはよい点もありますが、今後、ローンの返済がどのように変わっていくかもある程度イメージしておきましょう。

マンション購入時の住宅ローン金利について

マンションを買う時は、マンションの条件と、予算とのバランスを考えるものです。
マンションを買うために、住宅ローンの融資を受けるという場合は、金利が何%のローンを利用するかで、返済総額が大きく左右されます。
例えば、住宅ローンを利用して3000万円を借り入れたいという場合、35年ローンなら金利1%につき利息が500万円にもなってしまいます。
3,500万円の35年ローンを、金利1%ではなく金利0.8%で借りた場合の返済総額は3,400万円になりますので、100万円分がお得になるというわけです。
金利差はちょっとしかないように思えても、実際の支払いでは100万円も差が出てしまうというわけです。
マンションを買う時は、どうしても大きな買い物になってしまいますので、ちょっとした金利の差にこだわらないという人もいます。
何千万円もするものをいざ買うことになると、金銭感覚が麻痺ることもあるかもしれませんが、ちょっとしたこともにも注意を向けましょう。
100万円が手元にあれば買い物もたくさんできますし、高級な家具や、車なんかも購入できるかもしれないくらいの金額です。
住宅ローンの利息は、金利だけでみるとちょっとしたズレ程度に見えることもありますが、利息でみるとかなりの差です。
マンションを買うために住宅ローンを組むという時には、利息や、完済までの期間、1カ月当たりの負担額など、細かくチェックをしましょう。
住宅ローンの金利は、変動タイプと、固定タイプのほか、変動と金利を組み合わせたミックスタイプなどがあります。
もしも、マンションを新しく買うということになったら、どの住宅ローンにすると、返済の負担が軽減されるかをよく考えましょう。

マンションを住宅ローンで購入したときの控除

マンションは高価なものなので、ほとんどの人が住宅ローンを組んで購入していると思います。
住宅ローンを組んでマンションを購入した場合には、所得税の金額が安くなる住宅ローン控除という制度を利用することができます。
住宅ローン控除は全ての場合にあてはまるわけではなく、築年数が基準を満たしていないようなマンションなどは該当しません。
住宅ローン控除は、10年というスパンにわたり、所得税を減税してもらえるという仕組みですので、使っておいたほうが断然お得な仕組みです。
今後、新しくマンションの購入を視野に入れているなら、住宅ローン減税の仕組みを把握しておいても損はありません。
住宅ローン控除の金額は、年末時点でのローン残高の1%となっています。
例えば、年末時点でのローン残高が3,000万円とすると、その1%である30万円を所得税から減額することができます。
その年の所得税の金額が15万円しかない場合には、残りの15万円を住民税からも控除してくれるのです。
この時、住宅ローンの連帯保証人に配偶者がなっていると控除対象にできませんが、連帯債務者になっていれば、配偶者も住宅ローン控除を使うことができます。
10年間の間住宅ローン控除は受けられますが、控除額はどんなに多くても400万円までになっています。
400万円の減税が必要になるような住宅ローンの組み方をする人は滅多にいませんが、それでも、限度額が高く設定されていることの利点もあります。
購入するマンションによって控除額の上限が異なり、人によって様々なので、まずは前もって住宅ローン減税について計算してみることをおすすめします。

マンションの住宅ローンの借り換えのメリット

最近は、住宅ローンで資金を調達してマンションを買うことが一般的になっていますが、借り換えも珍しくなくなっています。
まだ返済し終わっていない途中でも、場合によっては、住宅ローンを借り換えをする方がお得になる場合があります。
より低金利の住宅ローンに借り換えれば、月の返済が楽になったり、完済まで必要な金額を減らすことが可能です。
住宅ローンの借り換えによって、今よりもいい条件で返済を続けることができるかをチェックしてみてください。
今利用している住宅ローンよりも、良い条件でお金を借りる事ができる場合も少なくありません。
借り換えによって返済負担を軽減するという考え方がなかった人もいるでしょうが、考慮に値することだといえます。
もしも、今の住宅ローンを別な住宅ローンに借り換えることになったら、どういう長所があるでしょう。
まず一番のメリットとしては、返済額を削減する事ができるという点です。
マンションを買う時は、家を買う時ほど金額は高くならないかもしれませんが、その場合でも借り換えで発生する差額は大きくなります。
借入金額が高ければ、金利の違いによって発生する利息の違いは大きくなりますので、住宅ローンは借り換えの価値が十分にあるわけです。
借り換えをした場合には、固定や変動などの金利のタイプを変更する事ができるので、よりお得な返済方法を選択することが可能です。
マンションを買う時に住宅ローンを利用した場合、借り換えをすることで返済が大幅に楽になることもありますので、考えてみるといいでしょう。

サイトメニュー

ページトップへ

Copyright (c) 2018 住宅ローンの審査基準やリフォームローンって? All rights reserved.